尾張町 老舗交流館 ロゴマーク

尾張町ホームページへ

Archive

2024年2月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

2014年10月8日

前田家家系図

P1000068

エピソードの時期が順不同になってきました。

何せ、この1年と4ヶ月少々の間、このようなブログを書くとも想像だにしなかったので、エピソードの整理もしてなく、よって今後しばらくはランダムに思い出すがままのブログ発信となるかもしれません。どうぞご了解ください。

昨年の8月初旬のこと。その頃は卯辰山工芸工房の森川氏の「染」の展示を していました。作品の一つ「訪問着」を目を凝らしてご覧になっていたひとりのご婦人 が踵を返して振り向きざま、背後にある前田家家系図と14代慶寧公の肖像画に 目を遣り、「どうしてここにこんなものがあるんですか」と詰問調の質問をされました。

尾張町のミニ美術館を構成するお店には、それぞれ代々の殿様の肖像画が 店頭においてあり、前田家家系図も置いてあるんですよ、と私。 「……この家系図によると前田家の……」とつたない説明をしようとするとそれを 遮るように、このご婦人、明快に、明確に前田家の系統の説明をされました。

そして黙って芳名帳に署名されたので、すかさずワキからそれを覗き込み(それには 東京都……前田○子と書かれてある)もしや前田家のご関係の方ですか、と 思わず尋ねてみました。「私は富山の前田の嫁です……」。

気品あふれる知的な話し方、凛としたたたずまい、どれをとっても前田家富山支藩の 奥方にふさわしいかたでした。その後、金沢の文化振興案、殊に町家活用での ご自分の意見をとくとお話になり(小一時間も)、とっても気さくな面も覗かせて お帰りになりました。とってもステキな方でしたよ!!!

ブログトップへ