尾張町 老舗交流館 ロゴマーク

尾張町ホームページへ

2023年1月22日

安藤 竜さんの、この上もなく楽しい講演会でした

P1000962

久しぶりの、安藤 竜さんのご登壇です。
2018年11月18日以来の、安藤さんの講演となりました。
 
2017年9月16日に「江戸時代の近江著市場と尾張町」と題して、
そして2018年11月18日には「北前船と全国市場」と題しての
講演を行って頂きました。
途中、コロナによる講演会中止ということもあって、実に4年と2カ月ぶりの
講演となりました。
 
前回は、安藤さんのことを、金沢歴活 代表というお立場からご紹介させて
頂きましたが、今回は講演会チラシにもありますように、
「かなざわ食マネジメント専門職大学 助教」というお立場での講演です。
(従来の歴活の活動も併行してなさっており、「歴活事務所代表」という、
金沢に限定しない広範な歴活、というお立場での活動のようです。)
 
今回(令和5年1月21日)は、3回目の講演となり、「加賀藩の将軍献上と特産品」
というテーマですので、安藤さんの現在の、大学での講学分野に近いものがあるのでは、
と思っており興味深く聴講させていただきました。
 
安藤さんの講演は、史実の分類、分析に関するその正確・精緻さに基づいており、
さらに、その土地土地の歴史研究を通して、生活の場であるその土地が、そこに
関わる人たちにとっての、かけがえのない場所になり、そこの企業・地域をも
活性化することへ繋がるのだ、というスタンスに見られるように、ふんだんに
歴史ロマンへのいざない、も込められているように感じました。
 
本日は先ず、安藤さんの提示された資料の豊富さに圧倒されました。
史実に忠実にそってのお話ですから、講演というよりも
大学での講義のような感あり、です。
 
総論的には、献上という行為の、封建制度的意義(将軍と大名との主従関係に基づく
献上、領地の特産品の献上により、大名の土地支配の証拠を将軍に提示)
を明らかにされ、各論としては、節季の行事との関連、参勤交代との関連、による
献上物の様々(ヴァリエーション)を説明されました。
この、献上物のヴァリエーションに、加賀藩の実力が見て取れます。
様々な(献上対象の)産物を通して、加賀藩の特産品の特徴、農業、漁業、
食品製造・加工業、織物業、等々の各産業の実力が見て取れます。
将軍家、幕閣等への献上を行わねばならぬ状況下において、藩内の各産業
の育成ということにも繋がったのでしょう。
 
安藤さんの提供された(本テーマに関わる)膨大な資料による講義は
勿論、加賀藩の将軍献上を述べた歴史学の範疇のものだと思われますが
、当時の加賀藩の、経済地理学的な状況をも表している思われました。
 
いずれにしても、濃密かつ精緻な、安藤さんの研究結果を届けて頂いた講演と
なりました。
 
ここで特記すべきは、安藤さんの講演(講義)の進め方にありました。
 
質問はリアルタイムで良いですよ、の一言で講演が大いに盛り上がり
実に楽しいものとなったのです。
 
皆、ここぞとばかりに質問を連発しました。
 
献上の制度に関わる質問は勿論のこと、献上物である各地の特産品に
ついての細かい質問、将軍から下賜された「鷹」の返礼としての「鷹狩の獲物」
による献上の話のくだりでは、獲物のグレードの話が面白く、活発な質問が
飛び交いました(獲物のグレードは上から「鶴」、「雁」、「鴨」と続くそうで・・・)。
 
安藤さんの回答は、的確、精緻であり、また たまには脱線もし、
本日の講演テーマ以外のところでのお話も伺えて、皆 大満足でした。
 
「歴史を知れば、なんでもない場所がかけがえのない場所になる。」 との
安藤さんの、常から標榜されているスタンスが、今回のテーマの講学にも
如実に感じられました。
 
歴史に裏打ちされた、献上対象の「特産品」の流れを汲む産物は
素晴らしいブランディングを獲得できるものと思われます。
 
安藤さんの、歴史専門家としての大きなキャリア、さらには、かつて食をめぐる
ビジネスにも取り組まれたご経験がおありになる、というキャリアは、
きっと「かなざわ食マネジメント専門職大学」に新風を吹き込まれて
いるのだろうと拝察いたします。
 
安藤さんの「歴史学者」としての、ますますのご発展と、
これから到来するであろう食糧問題を抱えなければならない日本にあって
救世主となって頂きたい「かなざわ食マネジメント専門職大学」様の
ご発展を祈念いたします。
 
安藤さんの、歴史を学ぶことを通しての「地域おこし」戦略と、
「かなざわ食マネジメント専門職大学」様の、目指し、そして創出したい価値が
うまくコラボするのでは、と思っております。
 
安藤さん 本日はほんとうに楽しい講演を届けて頂き、まことに有難うございました。

2022年12月18日

鈴木大拙館の猪谷先生、大拙なる人を大いに語る

P1000959

前回に続き、思索シリーズの講演会です。
前回の「西田幾多郎」の盟友である「鈴木大拙」の世界への分け入りです。
 
本日(12月17日)の講師は、鈴木大拙館にて学芸員としてご活躍の
猪谷 聡さん(以下 猪谷先生と称させて頂きます)です。
演題は「『思索』のすゝめ ~鈴木大拙をめぐる~」です。
 
世界的規模の疫病(コロナ)の暗雲がいまだ晴れず、ロシアのウクライナ侵攻による
惨状、これによる様々な世界的規模の政治的経済的側面での、各国に
おける痛手・安全保障面での不安、経済合理主義の進んだ果ての地球環境破壊、
等々の問題が山積する現代において、前回の西田幾多郎の思索の世界、
今回の鈴木大拙の思索の世界は、我々に何らかの安寧を与えてくれるのか、
暗がる前途を照らす、ともし火・光明となってくれるのか、との期待が私(筆者)には
ありました。
以上のことより
鈴木大拙の思想の、そして彼の思想を学ぶことの、今日的意味合いの
非常に大きいことを、ひしひしと感じていました。
 
はたして本日の猪谷先生は我々に何とご教示くださるのか。
鈴木大拙の世界へ、どのあたりまでいざなって下さるのか。
講演が始まる前から、興味津々の思いでした。
 
猪谷先生の大拙論は、大拙なる人物のアウトラインを我々に提示すべく
彼の生い立ちから入りました。
 
西田幾多郎と同じく明治3年(1870年)に生まれ、父が早く亡くなったことによる
経済的困難により第四高等中学校を中退し、その後進学した東京専門学校、東大選科
いづれをも中退し、どこも卒業せずして、世界的に偉大な仏教哲学者となったわけですが、
鎌倉円覚寺の今北洪川、釈宗演に師事したことが、彼を開けさせたのでしょうね。
上記の二人をはじめ、様々な人たちとの交流を通して大拙は影響を受け、また影響を
あたえたわけです。
特に奥方となった、アメリカ生まれのベアトリス・レインからの影響は多大なものが
あったのでしょうね。
また、先生は、金沢という風土、及び金沢の教育レベルの高さの、大拙に与えた
影響度合いをも指摘されています。
 
仏教哲学者として
西洋思想の足らざるところを痛感し、仏教思想を中核とした東洋思想を西洋に向けて
伝えたかったのだと思いました。(禅についての様々な著作を英語で著し、
禅文化ならびに仏教文化を海外に広く知らしめた。)
 
 
本日のテーマは大拙の云う「思索のすゝめ」です。
一般的に考えると、思索するわけですから、頭の中で今までに獲得した知識を
フルに動員して、うんうん唸って考えるさまを思い浮かべます。
しかし、大拙の思索の世界は、私が思うに反して、そういうものではないことが分かりました。
 
大拙の秘書を務められた岡村美穂子さんの披瀝された、大拙にまつわるエピソードが
大変興味深いのです。それを先生は紹介されました。
 
その中で印象的だったエピソードが「それは それとして」です。
鈴木大拙のもとには、多くの方がさまざまな相談に来られていました。
ある時もめ事を抱えたご夫妻が来られ、その相談事を大拙は丁寧に聞いた後、
「それは それとして」と切り出して、自分の意見を述べ、アドバイスをしたそうです。
 
「それは それとして」という言葉を発しての大拙の応対には えも言われぬ深さを
感じます。
人々は悩みを抱えているときに、その負のスパイラルに陥ってしまい、何が重要なのか
分からなくなることがあります。問題を過大視したり、独りよがりになってしまったり。
視点を変えて、視野を大きく持って、何が一番大切なことなのか、を考えなさい
ということを大拙は言いたかったのではないでしょうか。
 
また、先生は大拙らしい考え方、感じ方の例として次の話を引き合いに出されました。
交友のあった「出光 佐三」が社業のことで大拙のもとに相談に行くと
「そうか、そういう問題があるのか」と大拙は述べたそうです。
それを聞いて出光さんは、肩の荷が下りたようで心が軽くなったそうです。
 
これも、私ごときではうまく説明できませんが、とても深い、示唆に富んだ応対だったと思います。
 
「そうか、そういう問題があるのか」の言葉には、含意することが多く、
いろんな意味に取れるかもしれませんが、出光さんには最大の安堵を与えたようです。
 
生きていくうえでもっと重要なもの、大切なものは何か、と大拙は問うたのかもしれません。
 
あなたの思う問題点は、それはそれで大変なことなのだろう、さぞかし お辛いことだろう、
と一旦は相談者の立場を理解し、共感し、でも視点を変えてみたらどうですか、と言いたかった
のかもしれない。
 
 
大拙の伝えたい東洋思想の最たるものとして「無心」ということがあります。
 
西洋的な思索と大いに違って、「知」にとらわれない、「知」の束縛から
逃れて自由となり、本当の大事は何か、を見つめることができること。
そのあとに訪れる心の静寂。そのような境地に達した心のありようを「無心」というのか、
と私なりに思いつつ先生の講義を拝聴致しました。
 
先生の講義の1時間半は、1時間半であって、否、単にそうではない、大拙の世界の入り口に
立たせて頂いた、時計では計れない「過ぎ去らざる時、のもたらした刻印、われわれの心中に
ずっと留まり続ける啓蒙の刻印」だと思いました。
 
猪谷先生、本日の講演、心から感謝申し上げます。
続演を是非期待させて頂きます。

2022年11月27日

中嶋 優太先生が語る西田幾多郎の世界

P1000955

本日(11月26日)の講演会の講師は、西田幾多郎記念哲学館 元専門員の
中嶋 優太さんです。
当講演会のチラシを作製した時点では中嶋さん(以下 中嶋先生と称させて
頂きます)は西田幾多郎記念哲学館の専門員の立場であられましたが、
本年10月から石川県立看護大学の講師として赴任されました。大学では、
ご専門の哲学を講じられています。
 
本日のテーマは、「西田幾多郎『善の研究』を読む」です。
石川県かほく市の生んだ偉大な哲学者 西田幾多郎の業績のうちの、
最たる著作の世界に分け入る試みです。
 
当「歴史と伝統文化講演会」は2015年からスタートしており
(途中 コロナで2年ばかり休止しましたが)今年で8年目を迎えています。
この間、テーマとして、歴史、工芸、文学、伝統芸能、宗教、スポーツ等々の
様々な分野を扱ってきましたが哲学は今回が初めてです。
それもとびきり難解と言われている「西田哲学」なのです。
 
哲学は、いろんな学問や思考の仕方の分野において、その基礎であったり、
存在意義だったりするところを明らかにすべく、「〇〇哲学」として展開されています。
(ex 政治哲学、法哲学、また地域による区分として、西洋哲学、東洋哲学 等々。
また人生哲学、経営哲学などというものもある )。
 
今回の中嶋先生の講演は、それらの各哲学の、と真ん中の「哲学」を扱って頂くわけです。
それも、極めて難解とされる「西田哲学」です。
 
当講演会の僅か1時間30分の限られた短い時間の中で、中嶋先生が、我々をいかにして
「西田哲学」の世界にいざなって頂けるのか、期待で胸膨らませる想いで
先生の講演に臨みました。
 
西田幾多郎哲学の理解の前に、先生は西田幾多郎の生涯を年表を用いてざっと説明され
順風満帆ではなかった西田の生涯を概観します。
幾多の苦難にさらされた経験が、また、鈴木大拙等の友人達との交流が
西田哲学形成にあたって多くの影響を及ぼしたことを述べられました。
 
本日の先生の講演の主題は、「善の研究」の読み方の話ですから本題はあくまで
「善」というものの判定の仕方です。「善」なるもののとらえ方です。
どういった側面で「善」を認識するのか、とらえるのか。
一つは「他律的道徳」からのとらえ方、さらには、人間にそなわていっる
3側面を規定し、それらの側面での「善」のとらえかたを先生は説明されました。
人間の備える「知」、「情」、「意」の各側面から行うところの「善」の
判定です。
様々な例を引用され、これら3側面に適う「善」を説示されました。
 
では西田はどの側面から導き出される「善」を正しいとするのか。
 
それは「意(意欲)」からとらえられる「善」だ、と先生は結語されました。
( 以上は、哲学につき全くの浅学である筆者の感想です。間違って
いましたらご指摘ください。)
 
今回の講演に先立ちて、先生からは、質問はその都度発して良い、との許諾を
得ていましたので、講演の途中途中にて、参加者からはリアルタイムで質問がなされ
、また各自が持つに至った、見解・意見の発表がありました。
会は、時間を追うごとに次第に熱を帯びて来て、具体的なテーマを俎上に載せて、
皆の認識する「善」の立場からの意見が述べられるという、言ってみれば一種の
「パネルディスカッション」の場のような様相を帯びた展開ににまで至りました。
(「人工妊娠中絶」の是非、「安楽死」の是非、などといったテーマをめぐって。)
 
先生の講義が皆の心に沁みたせいか、参加者のめいめいが「にわか哲学者」にまで
到達・昇格してしまった講演会となりました。
 
中嶋先生の、次回にむけての続演が、心から期待されつつ終演となりました。
 
皆の心の中に、「哲学」の種まきをして頂いた中嶋先生、有意義な一日を提供して
頂いて たいへん有難うございました。

2022年10月16日

遊学館高校野球部(元)監督 山本雅弘氏の素晴らしき講演

P1000951

石川県高校野球界に新風を吹き込み、県高校野球界の勢力図
を一変させた遊学館高校野球部。
その遊学館高校野球部を創部以来率いて来られ、甲子園は夏6回、春1回
の実績を短期間に達成された元 遊学館高校野球部監督の山本雅弘氏。
昨年、夏の大会後、監督を勇退されました。
2002年の夏、創部間もない遊学館高校野球部を甲子園に導き
いきなりベスト8に進出させた山本 元監督の手腕は、県高校野球の
ファンを唸らせました。
 
夏は6回、春は1回の甲子園出場のうち、初戦で負けたのは
ただの1回のみという、素晴らしい成績を残されました。
 
県高校野球のファンの胸の内に、遊学館高校野球部が
新興勢力からあっという間に古豪の名門のような印象を
抱かせるに至ったのです。
 

詳しく申し上げれば、
それまでの、金沢、星稜の強豪の中に堂々と割って入り、わけても
2002年から2006年までの夏の石川大会決勝は、5年連続して
遊学館と金沢の対決でした(戦績は遊学館の3勝2敗)。
 
この頃の実績が、県高校野球ファンの心のうちに、あるいは全国の高校野球ファン
の心のうちに、遊学館高校を石川県高校球界の名門として認識・定着させるに
至った(筆者には)と思われます。
 
それまでの金沢とも星稜とも違った野球。
粘り強くて、それでいてスマートな試合運び、劣勢であっても遊学館なら
何とかしてくれるという信頼感。
そんな雰囲気をいつもまとった野球部に育て上げられたのが、
本日(10月15日)の講師 元 遊学館高校野球部監督の山本雅弘先生なのです。
( 山本先生は、遊学館高校野球部の監督就任前は星稜中学を
指導されており、同中学を3度の全国優勝にも導いておられます。)
 
当(歴史と伝統文化)講演会は、本年度10回の予定を組んでいましたが
コロナの影響により、6月18日の、(第2回目の)1回のみの実施に終わっていました。
 
ここに来てコロナの勢いもやや収まった感もあり、遊学館高校野球部の
野球部 元監督 山本雅弘先生の今日(10月15日)の講演会の運びとなったわけです。
演題は「高校野球における科学的指導法」です。
( スポーツ関係の講演会としては、2019年7月20日の、
大相撲の「遠藤、輝、炎鵬」以来です。)
 
山本先生の指導法は、映像などを用いた科学的手法である、ということは
つとに有名ですが、はたしてそれがどんなものであるか興味津々、わくわくドキドキ
の講演会となりました。
 
先生のお話を要約すれば以下の如くです。
 
従来からの精神論一辺倒の指導法から脱却して科学的な方法論にて
選手を指導されました。
 
パソコンによる投球、打撃などの動作解析を行われたことは有名ですが、
人体の構造、情報受容における脳の働きを理解させ、
身体の動きのありよう(内側への回転、外側への回転)によって力の出方が変わる
こと、また目の使い方については、中心視ではなく、周辺視が大事であること、などの
従来の精神論一辺倒の指導には無い考え方を説かれたわけです。科学的ですね。
また、データをもとにした、確率論に裏付けられた考え方(例えば3ボール0ストライク
のときは、殆どの場合「待て」の考え方が今までは支配的でしたが、その状況こそ
ヒットが出る確率が高い)での指導方法を採られてきました。全く理にかなっていますね。
 
また、選手個々に目標を持たせ、自己決定を促す指導法の重要性です。
例えば、打ってからの一塁駆け抜けタイムを設定して練習に取り組ませる、などの指導法。
このような指導法で遊学館の選手は伸びたんですね。
納得づくの練習ですね。
行動における「努力」と「さぼり」の差を示して選手の意識改革を促されました。
(「こつこつ努力」は365日を考えれば、1.01の365乗=37.8。
  同じように「さぼり」は0.99の365乗=0.03 ということになる。)
 
ことほどさように、先生の指導法は、合理的で、十分心から納得の行くもので、
目からうろこ的なお話ばかりで、参加者一同、皆 感心しきりでした。
否、感心を通り越して「感動」の境地で先生の話に聞き入らせて頂きました。
 
山本先生、素晴らしい理論、素晴らしい体験談の講演、大変有難うございました。
心から御礼申し上げます。
今後とも、野球に携わる少年たち、野球好きな様々な人たちをご指導くださるよう
願ってやみません。
 
以下は講演後、山本先生に頂いた、教え子の、昨年中日入団の石森大誠投手の
サイン入り色紙とボール。(石森投手は、2016年遊学館高校卒)
剛球投手で 今後の活躍が期待されます。
 
P1000954

*******************************

2022年9月30日

昔日の、尾張町界隈写真展

P1000946

大正~昭和期の尾張町界隈の、主にパネル型の古写真の展示です。

保管状態が良くなく、傷みのある写真が多いのですが

その貴重な記録性に鑑みての展示です。

ご来館頂き、じっくりとご覧ください、

展示期間は、令和4年9月30日(金)から令和5年2月23日(木)まで。

 
 

P1000947

P1000948

P1000949
*******************************

2022年8月3日

8月20日の本康先生の講演会、中止致します。

8月20日の、金沢星稜大学教授 本康先生の講演会は、新型コロナの
予想を上回る感染急拡大に伴い、中止とさせていただくことに致します。
「『軍都金沢』と陸軍御用の『門前町』」という大変興味深いテーマ
でしたので、楽しみにされている方も多かったのですが、来年、コロナが
落ちつき、安心できる状況になった時に、また本康先生のご了解を得て
講演会を開催致したく存じます。
 
なお、10月15日以降に予定されている講演会は、今のところ実施の予定です。
 

2022年7月14日

「わかりやすい加賀象嵌」講演会、延期のお知らせ

7月16日の、加賀象嵌ジュエリー作家 長谷川真希さんの講演会
「わかりやすい加賀象嵌」は、このところの新型コロナ感染急拡大に伴い
来年度以降に延期させていただくことになりました。
8月20日以降の分につきましては、今のところ実施の予定です。
 

2022年6月19日

歴史・伝統文化講演会「加賀藩の明治維新」

P1000936

本日(令和4年6月18日)久々の、尾張町商店街「歴史と伝統文化講演会」です。
久々とは、先回の、「 加賀藩主 前田家の隠居政治 」と題した木越 隆三 さんの
講演が、令和2年2月15日(土)に行われて以来の、実に2年と4カ月ぶりだからです。
 
ずっと新型コロナの感染拡大予防のため休止していました。
 
コロナが収束したわけではありませんが、効果的な予防対策の方法がこの2年余の学習・経験により
よりよく分かってきましたので、講演会再開の運びとなったわけです。
但し、密を避けるため、各回定員は(原則として)10名とさせて頂いています。
 
尾張町商店街「歴史と伝統文化講演会」も今年度は、数えて第7年目となりました。
 
本日の講演は、金沢市立玉川図書館近世資料館 学芸員の宮下和幸氏を講師にお招きし、
「加賀藩の明治維新」と題して実施いたしました。
( 今年度第2回目の講演会です。第一回目は、5月21日の予定でしたが
講師の石田順一さんのご都合により、来年度以降に延期とさせて頂いております。 )
 
「北陸の大藩である加賀藩は、幕末の激動期ににおいて目立った動きを見せずにいたため
加賀藩=「日和見」とのラベリングがなされてきた。しかし、それは正当な評価なのだろうか。
「賤ケ岳の戦」、「関ヶ原の戦」などにおける前田家の立ち位置を浅薄に見る見解から
前田家を「日和見」とする見方が従来からあり、このような考えの延長線上で幕末・明治維新期の
加賀藩を安易に「日和見」とラベルづけしてきた、ということではないのか。
本当のところはどうなんだろう」というのが本日の宮下氏の講演における命題
なのではないかと、筆者には思われました。
 
この命題に、明解な回答を与えるべく、宮下氏は以下に述べるアプローチで、加賀藩の
幕末・維新期において取った行動、その背景にある行動原理及び真なる事実の解明に迫られました。
 
明治維新とういものの歴史講学的とらえ方として、氏は「王政復古史観」、「薩長中心史観」、
「皇国史観」、「マルクス主義歴史学」の方法論、「近代化論」の各方法を上げられ
それぞれの優劣を説明され、これらの手法の盛衰から、ここに維新期の加賀藩の研究についての可能性
が出てくると結論づけされ、加賀藩について巷間言われている「日和見」性の真偽についての
論及がなされました。
 
日和見なる態度を考えるときには、そこに二択的な選択肢があり、どちらが損か得かの見地からの価値判断が
伴う。ここでの場合、天皇側か、徳川側か(勤王か佐幕か)の二択である。
 
氏はここで、「天皇への忠節(勤王)と佐幕」はもともと二律背反的なものではない、と説く。
天皇は徳川に政治を委託していたのであり、佐幕の立場を採ることを通して、そこから論理的に
勤王の立場へと矛盾なく繋がっていたのだ、というふうに説かれた、と筆者は理解しました。
加賀藩は、元来ずっと勤王というものが根底にあり、時々の、具体的な対応において、徳川幕府
支持などといったことがあるのであり、このことが勤王の立場を損なうわけではない、ということを
氏は仰ったと理解しました。
 
戊辰戦争での加賀藩の対応を、「朝廷尊崇の貫徹と徳川家支援の挫折」というふうに氏は捉えられました。
まことに明快な説明です。
「鳥羽・伏見戦争」の当初において、徳川側につこうとしたのは、この戦いが、徳川と薩長の
戦と見たからであり、朝廷が新政府(薩長)側に「錦の御旗」を与えて以降、新政府側として
加賀藩がこの戦に参加したことは、日和見でもなんでもなく、正義に基づく行動なのだ、と
いうふうに氏は説かれたわけであります。
県民としては、日和見という嫌疑を払拭する、痛快な説明です。
 
氏の編纂にかかる、近世資料館平成27年度特別展「幕末維新期の加賀藩」のパンフレット中の、
「・・・・徳川家が正義であるため助け合い尽力することは当然・・・薩摩についても正義に基づいて
行動するのであれば従うことも可能・・・」、「・・・徳川家が朝敵となったことや前田家の朝廷への
忠誠を示すため・・・」という方針変更、といった前田慶寧の対応は、加賀藩の「日和見」性を
覆すものと思われました。
 
宮下氏の本日の講演の骨子は、以上の如くと筆者は理解しました。
この点、間違いがありましたら是非ともご指摘ください。
 
 
かくして本日の宮下氏の講演は、参加者皆の心中を、「痛快さ」、「一服の清涼感」、
「新知識を得られた充足感」、で満たして終演となりました。
 
宮下先生、本日はたいへん有難うございました。皆、次もあれば、と心から願っています。
 
******************************!cid_ii_l4kkewib1****
 
!cid_ii_l4kkewih2

**************************************************

2022年5月26日

明治期の、尾張町界隈商家の引札展

P1000930

主に明治期の、尾張町界隈のお店の引札を展示。

さながら錦絵のごとき色鮮やかな引札を通して

金沢の商人文化、昔のお店の雰囲気を感じ取って下さい。

一部の引札については、対応する明治21年の、店を素描した

銅版画をセットにして展示してあります。
 
当展示は、令和4年5月27日(金) ~ 9月29日(木)まで。
 
P1000931
 
P1000932
 
P1000933
 
P1000934
 
P1000832
 
 
***********************************************************************

2022年2月24日

石川県の、明治~大正期の、洋風建築写真展

P1000912

明治から大正にかけての、石川県内の、学校、役所・役場、銀行等の、洋風建築古写真の展示です。

展示期間は、令和4年2月24日(木) ~ 5月25日(水)まで。

 
P1000913
 
P1000915
 P1000916

 
**********************************************************************************************
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >